男だから色々な事に耐えなければならない。
男だからという言い方は時代錯誤からもしれない。
けれども自分が色々なものを守らなければならない時、強くあらねばならない。
もしくはあえて鈍感にならざるを得ない。