読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる










父が入院した。お見舞いに行った。
命に別状はないからいいけど、家の仕事を代理でやらなきゃいけない。
いま、自分が体を壊したら、大変だ。自分しか代理が効かないから。
重い責任。誰も代わりが効かない。逃げることも放棄することも出来ない。
僕の一生の問題は常に家の問題と重なる。

今年はまだ一度も風邪を引いてない。風邪を引くことも出来ない。
丈夫な体を生んでくれた父と母に感謝。

病院には結婚して別のところに住んでいる兄や、親戚の叔父や叔母も来てくれていた。
病室が見舞客で満員になって、父も嬉しそうだった。