ご来場の御願い_最後の年になるかも

<ご来場の御願い_最後の年になるかも>
 大切なお友達の皆様へ。
 2011年から始めて来た江古田ユニバースも今年で「最後」になるかもしれません。毎年予算・マンパワー共にギリギリでやってきましたが、今年は諸事情有り、助成金の申請もしておらず、完全に自主予算で運営しております。本来ならばパンフレットを関係者の皆様へ郵送すべきですが、そういうことも出来ない予算状況です。
 毎年、「今年が最後になるかもしれない」という焦燥感や恐怖心と戦ってきましたが実行委員スタッフも会期中殆ど来られない。受付に席を置くことすら困難です。このような状況ですのでお時間を作って戴き、明日、明後日の二日間、最後になるかもしれない江古田ユニバースを是非見に来て下さい。
 来年以後は本当にどうなるか分かりません。運営上必要な協力者が集まらないと難しいことは確かです。
 もっとこうしたらいいのにとか、色々ご批判やアドバイスをいただきますが、いま必要なのはアドバイスではなく、実際に動いてくれ・力を貸して下さる協力者です。これまで派手ではなく、どでかい花火も打ち上げない代わりに地道に継続していけることを目標にやってきました。
 協力的な地元の方やアーティストの方が沢山関わって下さいました。しかしあと2年間はこれまで以上に時間・労力を惜しまず協力して下さる志を持った仲間が必要です。
 来年の●●月までに実行委員スタッフが●●名増えなければ開催しない(出来ない)などの具体的なビジョンを打ち出していかないといけない段階に来ています。新たな実行委員会スタッフ募集中です。
江古田ユニバースをきっかけに地元・アーティスト・会場オーナーがまぜこぜに仲良くなれる素晴らしいベントです。兎亭の斉藤さんは「江古田の町の文化祭」とおっしゃっていましたがまさにそういう事です。
 「このような町おこしイベントは一過性のものである」とある識者の方は仰っていましたがこれまでずっと続けてきて来られたのはこのイベントを大切に思って下さる方がいて、その力の集合体が一過性で終わらせなかったということだと思っております。この練馬の町でこのようなイベントが継続し続けていることは希有なことです。どうか、今後どのようなことになってもこのようなイベントがあったことを忘れないでいただきたい。
 
 
江古田ユニバース運営スタッフ募集