読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

<まちづくり講座無事に終わりました>
先日、『「空きスペース」がまちを豊かにする-私達らしい解決・活用・マッチング。【京都編】地域のチカラで空き家に向き合う―若手芸術支援からお片付けまで』が無事に終わりました。
コーディネーターとして法政大学教授の杉崎 和久さん。
京都からゲストとして菅谷 幸弘 さん(六原まちづくり委員会)
と、はが 美智子 さん(東山アーティスツ・プレイスメントサービス実行員会[HAPS])にお越し頂きまして、そこに江古田ユニバースもお招き頂きました。
空き屋問題に長らく取り組んでおられる先輩達の取り組み方についての講演を頂き、最後に練馬区でも頑張っている団体として江古田ユニバースのお話しさせて頂きました。
最後に全員で対談形式でお話しさせて頂きましたが、話していくうちにこの空き屋問題に取り組むには個々の団体がバラバラに活動するのではなく、それぞれの団体が得意とするところを補いような形で助け合い、取り組み、そこに行政が力を貸していくという形が理想的なのではないかと思いました。
多くの来場者に恵まれ、この問題に興味を持って頂いている様子が伝わりました。ご来場とご静聴をありがとうございました。