読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉は紡ぐというより湧き出るといった感じがする。言葉が湧き出る感覚は作品を作る感覚に似ている。
言葉を失いつつある現在、作る力も低下している。今何かを作ろうとしたら何も作れない自分に嫌気が指すだろう。

こんなに毎日論文を書いているのに言葉が湧き出てくる感覚がない。


夢を持ちすぎるが故に現在の自分自身とのギャップに苦しむ日々。
何かを得て、自分が成長しても僕がなりたい僕はその時にはもっと遙か先にいる。
理想と現実の間で溺れそうになる。
何とか生き残ってはいるが、10年後の自分に自信が持てなくなってきている現在。

美術が好きで美術をやってきた。
その時間に後悔はない。後悔はないが、もはやそれ以外の生き方なんて出来ようか?
そう思う時、言いしれぬもの-それは鵺のような-に襲われる。
失語。


唖然とする時。ただ、言葉を失う。


ただ、10年後もこの世界に居続けたい僕にとって
今は耐え時だ。作ることと同時に生き抜くことを考えなければいけない。
そして僕自身が生き続けなきゃいけない。
生活をしていく事。僕にとってもっとも難しい事の一つかもしれない。


感覚はいつも先に起こり。
現象が次に起こり、理解が次に来、言葉も同時期に来る。


壊れたおもちゃはどうやって生きていけばいいのだろうか。