読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

困難

光に向かって進んでいるはずだ。
どんな時にも迷いの道を歩いている。
けれどそれは光を目指した結果だ。


本当の困難は諦めない事。
進み続けること。
生き続けること。
信じ続けること。
そういうものが困難だ。
裏切られても、ねたまれても、羨ましがられても、騙されても、
叩かれても、否定されても、見下されても
どんな局面になろうと人間存在を肯定し続けようとすること。
それが何よりも困難なことなのだ。


何もしなければ、問題は明るみに出ない。
何もしなければ人からあれやこれやと言われない。


何もしなければ何も生まれない。

何もしないと言うことはあらゆる出来事に対する消極的な姿勢だ。
否定の歴史だ。
失敗への恐怖だ。否定だ。


あえて挑戦し、失敗せよ。
失敗は挑戦の証。戦士に刻まれた経験という名の傷。
困難なことは前を向き、肯定の道を歩こうとする時に現れる。


困難とは自らが自らに課した、人生の課題なのだ。
一つの命を持って生まれてきた。
その命は限りない、命の連鎖の中にある。
私はその連鎖を次の連鎖に繋げたい。
「困難」はその思いからやってくる。