読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「うちにもって帰ろう! 映像アンデパンダン展」に出展中。ついにBankART1929デビュー


会期:2009年10月31日[土]- 11月29日[日]
時間:11時-19時(10時-19時/土日祝)
入場無料
会場:BankART Studio NYK 1F
   BankART Mini、BankART Shopを中心としたゾーン

http://www.bankart1929.com/news/pdf/independent.pdf
↑詳細はこちらをクリック!



「うちにもって帰ろう! 映像アンデパンダン展」は、ヨコハマ国際映像祭2009 「CREAM」と連動したアート系のDVDの発表・販売促進をテーマにしたプログラムです。プレス(大量生産)が安くなったといっても、若い作家がDVDを発刊・発売できるケースは稀ですし、たとえプレスされたとしても、アート系のDVDを購入できる機会は、少ないといっていいでしょう。
今回はそんな状況に対して、絵画や版画(美術作品)と同様、国際映像祭に併せてアート系映像(DVD)を気軽に購入し、コレクションできる機会をつくろうという試みです。皆さんが、この機に映像作品を購入・所有されることで、小さなマーケットの流れができていくことを願います。


蔭山武史、杉原信幸、きし本こう太、三田村龍伸、杉原真樹、野中真理子、東野哲史、森 秀信、岩田諒子、三堀智久、羽生敏博、藤川直美、竹村朋子、Azby Brown、宮下広将、轟 岳、川瀬浩介、松成堂、富永剛総、カトウチカ、大澤未来、御茶漬海苔、久保川 曜、南雲由子、新海岳人、有馬 顕、丸山真貴子、YONA、江場佐知子、松本恭吾、磯崎道佳、Loic Sturani、オオマチミドリ サトウトシ子、北山美那子、楽園company、倉谷拓朴、黄川田勇太、津島岳央、開発好明、Junko Okuda、安田早苗、松本 力、大鹿智子、宮本隆司、丹羽良徳、プロセスアート、Nibroll、Ufer! Art Documentary、MS-LINK、CAN、NPO法人プラス・アーツ、ダゲレオ出版、UPLINK、ビー・ビー・ビー、日本技芸、カズモ、Dance Company BABY-Q、ALIMO、かんた、大野一雄舞踏研究所、ユーロスペース、ニューズベース、NPO法人JCDN、ミアカビデオアーカイブビクターエンタテインメント宇治野宗輝/無人島プロダクション、COLUMBIA MUSIC ENTERTAINMENT,Inc.、スパイラル/ワコールアートセンター、BankART出版、他



主催:BankART1929
共催:横浜市開港150周年・創造都市事業本部


お問い合わせ 
BankART1929 Office(BankART Studio NYK
independent@bankart1929.com 
TEL : 045-663-2812


※BankART1929より転載
※出品作家の一人として参加。入り口から二番目の場所で、映像上映しています。





日展示を見に行ってきました。
入り口から二番目という好条件で展示してもらいました。
BankARTで展示をする事は長年の夢だったのでまた一つ夢が叶いました。
神奈川では横浜美術館に次ぐ、アートセンターだと思います。
個人的にはBankARTの方が現代美術寄りのことをやっているので好きです。


僕の作品の隣でやっている、きし本こう太さんの作品が最高です。
彼とは面識がありませんが、隣同士で展示できたことを光栄に思います。
全体の展示としても映像好きなら面白いと思いますのでお勧めの展示です。
アート系の映像に注目した展示も少ないのでアート系映像を知るための展示としても面白い展示だと思いました。
3時間ぐらい色々な映像見てきました。(自分の作品の展示抜きで)展示としても面白かったです。


上に書いた、きし本こう太さんとNibrollの映像が特にお気に入りでDVDを買ってきました。



あと自分の映像の展示が本編ではなく、本編の間に挟まるジングルのリピート再生の設定になっていたのが
笑えました。すごくシュールでした。
そこ本編じゃない!って笑いました。
でもその後、係員の人に言って直してもらいました。