読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

またか

信じて裏切られて、それでも許して、裏切られて。
何回繰り返すの?
僕は僕を信じた人を裏切れない。
信じてくれた人の尊い感情を理解するからだ。
理性とか、損得意外に時には人間情で動かされてもいい。
もしそういった感情が無くなれば、頼りにされることもなく、信頼されることもない。


非情さは時には必要だけど基本的には持っていたい。


悩んでる後輩が居たら、とりあえずいつも言うことがある。
「大変でも頑張ってみたら?」 「やってみたら?」
数ある多くの可能性。それを一番見捨ててしまうのが自分。
自分次第でやるかやらないか、やれるかやれないかが変わる。
だから気持ちの上で後押しできればいい。あとは本人が決めること。意志の問題。


別に怒ってるわけじゃない。
ただやれば出来るのに、自分を見限っている事が悲しく思えるだけだ。
僕の言葉はそんなに信じれないかな? 
それにしても自分で自分を疑わなくてもいい。僕が「君はやれない、無理だ」と言い出すと問題だけど。
僕が「やれば出来る」と励ましてるのに、なんで自分を疑うかな?
なんでもやってみなきゃ分からないのに。努力する前に結果が分かるほどの経験はないはずなのに。
だからなんでも努力してみたらいい。失敗したっていいじゃない? 
失敗すること自体は恥ずかしい事でも格好悪いことでもない。
最初から諦める方がずっと格好悪い。


今まで散々「無理だ」とか「出来ない」とか言われてきたよ。
もう、聞き飽きたよ。
あなたたちの無理っていうのはそれは無理だったでしょう?(始めから無理と思っている人に出来る事なんてない)
挑戦しなかっただけでしょ?
これから頑張ろうとしている人の芽を摘む必要はない。
とことんボロボロになるまでやらせてあげればいい。とことんやりきったらなにがしかのものにはなるよ。
他者に出来ることはそういう人を信じることだったり、励ましたりするぐらいだ。
最初から無理だなんて言うのは傲慢。何も分かっていないのに分かっている振りをしているのだから。


簡単な方へ行くことを繰り返すと後戻りできなくなる。
お兄ちゃんが責任放棄する姿を見せたくないが為だけに頑張ってもいい。
そういったことも放棄してしまってはもはやプライドがない。
プライドがないということはいままで踏ん張ってこなかったということ。
だからこそ、「やってみたら?」「頑張ればやれるんじゃないの?」「自分を信じてやってみたら?」と言うのだが・・・。
自分の損得とかリスクとか考えずにみんなのために頑張りたいからみんなにカッコイイ姿を見せたいが為だけに
頑張ってもいいと思う。
それはそれで美しい姿だと思う。


今まで自分はいい思いをしたくせに
(今度は自分が)マズイ思いをしても人にいい思いをさせようと出来ないのはアンフェア。+サービス精神がない。
自分の手を汚せない人は本当の意味で綺麗にはなれない。
美しい花を咲かせる人はみんな泥臭い汚い事も地味なことも、マズイ思いも経験してる。


手塚治虫のマンガが好きな点にマンガの中で「卑怯」という言葉がよく出てくる。
人間の生き方としての美学。
美術をやるならそういった美学も「美術」として持っていたい。


オワリ