読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葛藤

人に迷惑をかけるんじゃないかと思うと何も出来なくなる。
歩くことさえ困難になる。だから時々、全部無視する。
相手の気持ちを考えない。
思いやりがないのではなく、自分が何も出来なくなるから。
嫌われているかどうかの詮索をしない。
ただ、共に過ごす時間を楽しもうとするだけ。何も求めない。
けれど、時々そんな自分が寂しく思える。


数々の矛盾を解決できないからこその行動のような気もする。
プラスだと思っていることもマイナスなんじゃないかと思う。


他者を受け入れることの出来ない孤独なんじゃないか。
それを意識的に選んでいたとしても。
そうなることが分かっていて、なお生き方を変えないことそのものは孤独なんじゃないか。
孤独であることを孤独に思わないことは孤独なんじゃないか。


本当の事はいつも分からない。自分のことすら、分からない。



人間って「嫌われたくない」と思って生きるより「嫌われても構わない」と思って生きる方がいい気がする。
嫌われても構わないという、自由っぽさのほうが結果的に好かれるように思う。


答えはやはり胸が躍るほう。