読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精錬のための拒否

胸の奥では熱の帯びた心がある。
脳のパルスではなく、心のパルスを信じる。
起こりえた結果を知るのが脳。それ以前の事を起こすのがハート。


体全身に帯びるのが魂。
体の外側に出て行くのがオーラ。
時を連なるのが霊。


そしてあらゆる国と人種と言葉と時と思想を越えるのが祈り。




未来が見えるか?
僕は日々を夢見る。
そうして小さな奇跡の断片を引き寄せる。
幾千もの朝も昼も夜も願って来た事。脳髄のあり方さえ変えてきた。
忘れたくないものを心に刻んだ。
刻み付け続ける。それが美術。
造型や色の問題は刻み付ける行為「そのもの」じゃない。それらは結果。
言葉はやがて魂を乗せ、言霊になる。
他人の生き方さえ変える。
人間の変わらない価値観を守る。
革新でも革命でもない。いわば超保守。
道を違えぬ。それ故に過ちを恐れる。
真っ直ぐ進めない。壁が立ち塞がる。
だからあらゆるものを飲み込む大蛇を目指す。巨大な龍になる。
重力は引力を生み、引力は因果を生み、因果は運命を変え、小さな奇跡の断片を引き寄せる。


一点の曇りも拒否する。願うことに、祈ることに懸命。
それは勇気の歴史。
恐怖を感じない人間に勇気は生まれない。
自らの恐怖に打ち勝つ事が勇気なのだ。


これからまた幾度も幾度も誓う。
誓いを心に刻み付ける。
作品が売れる、名前が売れるのではなく美術家として一流を目指す。


固く結ばれた自分との約束を忘れるな。
3000前年前と3000年後の視点を同時に持つ。無限に広がる野原。絶景かな。