読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉が信用に足りる限り、人は人の発した言葉通りに受け取っていい。
色々な迷いがある。疑いがある。だましや、嘘もある。
けれど、言葉は伝えたい事を伝える為にある。
自分の中で決まっていることがある。
自分の中ではっきりしていることがある。そういったことは言葉に発して、伝えたい。
美術が美術である時だけではなく、伝えることを伝えたい時にいつでも、その力を信じて、僕は言葉を発する。
言葉が真っ直ぐに届くように、訓練を重ねる。
それ以外は全て無粋。
全ては生き方につながるものだ。


自分の中には身を焦がす炎のような、激情もあれば、
凪いだ湖水のごとく澄んだ、静かな心持ちもある。
どちらか一方だけが正しいわけじゃない。
どっちも等しく、自分の中に存在している。
二つの力がぶつかる。いつでもそうだ。
そうして僕は生きていく。今日生きる力を持つのだ。



深い感謝をしている。
この宇宙に生まれて、この星に生まれて、この国に生まれて、この親に生まれて、この家族で育った。
閃光の輝きを持つ星の下で生まれた。
自分を誇りに思う。
ただ、息を吸うだけでいい。
太陽の光を浴びて、あくびをして、木陰で休んで。
今日、生きる事に感謝を出来れば充分だ。




一つのことだけに集中して、他の色々なものを無視した。
何も見なかった。そして知らなかった。
色々なものを捨てた。
要らなかった。欲しくもなかった。


本当に欲しいものはいつだって簡単には手に入らない。
けれど欲張りはしない。やることが沢山あるんだ。
やらなきゃいけないことが沢山あるんだ。
きっと自分にしかできないことなんだ。