読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンポジシオン

言葉は要らない。
心の中でただ大切な人たちを想っていられるだけで充分だ。
それから先だとか何かの成果を求めるような事じゃない。
見返りも求めない。
毎日祈りの時間を持つ。
静かな心持ちで雑念を捨てて、言葉を捨てる。


多くは求めない。
ささやかなこの日々を愛している。


家族がいて友人がいて体は健康で、国籍も市民権もある。
好きな美術をやって、大学にも通わせてもらった。
全てがうまくいっているわけではない。失敗の方が多い。でもそういったこと全て受け入れてる。自分の人生に責任を持つ。少なくとも態度の上では。
他に何が必要?


言葉と美術がぶつかり合う。言葉は時に伝えたい事を濁してしまう。だからあえて黙る。機嫌が悪いとか、相手が嫌いだからではない。
多くを語ることで嘘が混じることを嫌うからだ。
汚れたものを出したくない。あくまでストレートに。そして時に大胆に言葉を操る。


人から何を考えているか分からないと思われている事は知ってる。時に何も考えてないバカだと思われている事も知っている。
全て正しい。
人は思った事が全て。思った風に世界を見る。
だからよりよく世界を見るために思考を広げ、想像を広げる。
世界を理解することは自分を掘り下げること。そうしなければ「そう思った事が全て」。納得したい答えを押し付ける。自分に、他者に。


目標を持つことは日々のモチベーションを保つために大切ではあるが、本当に必要なものじゃない。
必要なものはすでに自分の中にある。肉体と魂、心、全てが繋がりを持ち、「僕」を構成している。
僕は何度も何度も僕を再構成する。
最もいいコンポジションを探すのだ。